Cambias

デジタルサインスタンドとは?

デジタルサインスタンドとは通常のサインスタンドのPOP差し替え部分をデジタルサイネージ化(モニター化)したものです。
商品は画面が出る「モニター部分」とそれを置く「スタンド部分」の2つのパーツ構成で成り立っています。
また、デジタル化以外にもサインスタンド自体の種類・用途も多くスタンド部分にも機能を追加しております。
①高さ変更
②角度変更
③黒・城をメインとした彩り
④外観をサインスタンドと似た形にすることで、親和性を強調 ※デザイン性のある見た目
⑤土台に荷重をかけ簡単に倒れないように設計
⑥簡単組立

ロケーション

ロケーション①「事務所内」

オフィスの中で、社内の情報や他社競合情報・政治経済・天気・事例など共有するためにはデジタルサイネージが効果的です。
オフィスの中で事務所で有効に使われる設置方法は2つ、邪魔にならないように設置が必要なので「壁掛け」と「天吊り」がちょうどいい取り付け方法と言えるでしょう。
サイズは一般的なサイズの43インチ・少し大きめな場所では50インチ・高い天井や広い壁があれば55インチがいいと思います。

ロケーション②「会議室」

オフィスの中で、会議室は小さい部屋・大きい部屋かかわらずモニターが必須になっております。
スタンド型モニターも移動していくことで有効ですが、最近は壁掛けが主流になってきています。
エクセルなどを映すので、50インチ・65インチが人気です。
大型会議室は以前は極薄枠のマルチモニターを使って120インチなど演出しておりましたが、近年では極薄枠よりもLEDビジョンを利用して枠が全くない映像表示を実現しております。
LEDのピッチも1㎜台のため、エクセルの細かい文字も見えますし、システム面では遠くのノートPCを無線で画面に投影も可能です。

ロケーション③「案内板」

オフィスの中で、廊下や案内する為のボードをデジタルサイネージにすることも多くなってきています。
デジタルサインボードを利用することで、案内板・メニュー版・商品案内・設備案内など様々なロケ―ジョンに対応できる案内板を提供することも可能です。
案内板なのでサイズは10インチ・14インチ・19インチが好まれます。

ロケーション④「エレベーターホール」

オフィスの中で、来客が来るロケーションはエレベーターホールです。もちろん従業員も必ず通る場所になります。この場所に情報告知をすることはとても重要になります。
エレベーターホールは必ず待つところです。少しの時間に自分の会社の情報やもしくは広告などをアピールする絶好のチャンスになります。
エレベーターホールは壁を傷つけたくない場合はスタンド型でもいいと思います。
サイズは43インチ・50インチ・55インチがロケーションでいいのではないでしょうか?
設置は「壁掛け」or「スタンド」です。欧米では必ずミラーを置いてエレベーターの待ち時間を忘れさせる工夫もしています。

ロケーション⑤「エントランス」

オフィスの中で、一番の顔はエントランスです。
このエントランスにどのようなものを置くかで、その会社がどのような状況下変わってきます。
弊社がおすすめしているのは、50インチ・65インチのモニターで会社の商品や商況・成り立ちを流すのが会社のことをわかっていただくために必要なことになります。
また、湾曲型LEDビジョンやミラーサイネージ・透過型のサイネージもおすすめです。
会社の顔はお客様に喜びと驚きを与えます。欧米では様々な思考を凝らし、通常のオフィスも来客や従業員を楽しませることを忘れていません。