Cambias

会議室用LEDビジョン

カムビアスメールマガジンでは、デジタルサイネージに関連する
  ・デジタル機器     ・お役立ちニュース
の情報を毎月定期的に弊社関係者に向けてご紹介します。

~デジタル機器の紹介~

コロナが流行してからリモートで仕事ができる会社は、在宅ワーク水晶の業務体制が増えました。
そんな状況の中でも、毎月会社の責任者は会議で数字とにらめっこして
売り上げ・利益にかかわる会議を行わなければいけないです。

プロジェクターを使って、リモートのビデオ会議を行ったり、
決算書を確認したりとやることがたくさんあると思います。
今までの時代で、リモート会議が当たり前ではなかったからこそ
良質なビデオ会議用の画面を用意していない企業が大半と思います。
もし貴社社がリモートビデオ会議で画面の見づらさを
体感していると悩まされているのであれば、当社の商品を使って頂ければ
今のお悩みを解消できるかもしれません。その商品とは「会議室用LEDビジョン」です。

会議室用LEDビジョンは、3840㎐の性能を持っているため、
常に高画質の画面を維持することができます。
画面サイズは2430×1475㎜~3630×2150㎜タイプの超大型画面の仕様になっています。
モニターを複数使うマルチモニターと違いモニターの境目の縁もありません。

さらに、壁へ取り付けることができ、厚さも薄型のため、
場所を取ることなく狭い会議室でも利用することができます。
今までオンラインリモートビデオ会議の画面の見えづらさに悩まされていたのであれば、
その悩みを解決できると考えています。
会議室用LED(3650×2150)を実際に使った事例として、
パソコンの画面と同様にパワーポイントやエクセルデータがはっきり映るようになりました。
普段であれば、集計データの結果を代表社員で確認していましたが、
会議室用LEDビジョンではスムーズにストレスなくオンラインリモート会議を行えるようになりました。

お役立ちデジタルモニターニュース

本日は、近年話題となっている折り畳みモバイル3面モニターの「Portable Tri-Screen for Laptop」です。

コロナ化で、テレワークをする人たちが増えたことにより、
国内のモバイルPC出荷量が激増しています。
中央のモバイルPCの画面を中心に、
左右へモバイルモニターを取り付けることで、
3画面を実現させたパソコンです。

モバイルモニターを取り付けて、一体化させるといったシンプルな商品となっています。
テレワークでオンライン上の仕事が増えているからこそ、
モニターを増やして、仕事の効率を図れるかもしれません。